本文へスキップ

整体師を目指すなら、整体の学校「人体力学」の井本整体。

お電話での、お問い合わせはTEL.03-3403-0185

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目25番4号

Q & AAnswer

よくある質問(講座について)

井本整体について | 講座について | 操法(施術)について 


井本先生に直接習えるのですか?

本部道場の講座で、かつプロ講座のみ井本先生が講義を担当しています。また時間があるときは、プロ講座に限らず顔を出して熱心に技術指導を行っています。
現在そのほかに直接指導が得られる場としては、東京本部主催の特別講座、各地方の生徒が主催するセミナーに限られています。いずれも、どなたでも受講できます。


カルチャーセンターでの講座と、本講座の内容の違いは何ですか?

端的に言えば、学習深度の違いでしょう。本講座は将来的に開業が可能なプロの養成を目的とし、技術・知識も網羅されているのに対し、カルチャーセンターで の講座は自分自身の体を見つめなおすことを出発点に、自身の周辺(家族など)に活かせる整体法の習得を目的としています。


授業はどのように行われるのですか?

東京本部、地方講座の開講日、時間、修了年限につきましては整体法講座のページをご覧下さい。
初等、中等、高等(各6ヶ月)およびプロ養成基礎講座(1年、期間はいずれも東京本部道場のもの)の合計2年半で整体指導に必要な基礎的な技術は全て学ぶことを目標にして学んでいきます。
整体の考え方、知識を習得するための講義もありますが、特に実技練習を通じて体で覚えることに重点を置いているところが特徴です。その後は、プロ養成講座(修了年限はありません。)において、

プロとしてのさらに高度な技術を学ぶこと
臨床上の応用方法を修得すること


この二点を柱に、修得した技術についてさらに練習を積み、どのような場合でも完璧に使いこなせるようにすることを目標としています。

講師は有資格者の中から選ばれ、担当しています。但し、井本先生も毎週2回、東京の講座日程に合わせて上京していますので、東京本部においては通常の講座であっても、突然井本先生による指導が始まり、特別講座のような直伝の場となることがよくあります。


整体の授業は体力が必要なのですか?

生命力という意味での体力は必要としますが、いわゆる筋力などのスポーツの分野で使われる体力は必要としません。筋力などに整体の優劣は左右されません。腕押しの療術家が呼吸器を壊すことがありますが、正しく修得すれば身を削ることもない技術です。


女性、年配者でも大丈夫でしょうか? 未経験でも大丈夫ですか?

井本整体の技術には腕力は必要なく、かえって腕力に頼ることの弊害の方が大きい面があります。
そのために、腕力のある男性よりも女性や子供の方がか えって進歩が早いことが多いのです。逆に力のない人でも技術の核心を掴みさえすれば、プロ中のプロになれる、これが井本整体の技術なのです。

また、特に女性の柔らかな雰囲気は、受け手の気持ちを和ませ、体もゆるめますので、整体指導の効果も上げやすいと言えるでしょう。
なお、現在多くの女性道場生が本部道場で学んでおり、認定指導者、体操指導者も誕生しています。未経験の方も問題なく受講していただけるよう、整体に限らず必要な専門知識は、講義中にその都度解説が加えられています。

入門前に書籍にある程度目を通しておき、一定のベースを作っておかれると講義内容の習得が早まりますので、お勧めしています。


生徒は男性・女性どちらが多いのですか?

男性です。比率としては7:3から6:4位でしょうか。
女性の方が、元気です。


授業は何人くらいで行われるのですか?

一度受講した講座は何度でも出席が可能な制度があり、毎回講義では当該期の道場生よりも多くの先輩が参加していますので、毎回数十人、ときに100人近い人数での講義になる場合もあります。

地方講座は道場生の数そのものが少数なので、そこまで賑わうことはありませんが、学習機会が限られているため、出席できる講義には全て出席する傾向があります。
少数ながら、熱の帯びた講義になっているようです。


解剖学は学べるのでしょうか?

整体に必要な部分の解説はありますが、体系的に解剖学を講義することはありません。

テキストはありますか?

ありませんが、必要に応じて資料が配布される時はあります。


プロ講座(もしくは高等講座)から入りたいのですが。

井本整体の整体法講座が、手技のみの伝道の場であったならばそれも叶うかもしれませんが、心理指導、人格形成、そしてなにより間違いのない技術の修得があってはじめて、井本整体で学習したと言えるのでは、と考えています。
ですから医療・療術の経験の有無にかかわらず、初等講座からの受講をお願いしております。


整体体操だけ習えますか?

体操ひとつとってもその周辺には様々な技術・知識・思想などのバックグラウンドがあります。整体的な知識・技術を積み上げていった結果、その上に体操があるとお考えください。
そうした観点から、体操のみを網羅した講座は用意しておりません。全ての体操を修得しようとお考えでしたら、整体法講座の受講が近道ではないかと思われます。


整体のプロを目指すというより、自分や家族の健康のために整体を役立てたいのですが?

整体の技術は、本で読んで実行するだけでも高い効果が上げられる優れたものです。しかし、さらに体を正確に読み、正しく行うことができると格段に効果が上がります。
また、家族の方が体調を崩された時でも、医者や薬に頼ることなく処置できる場合がありますし、じっくり安心して症状の経過を見守ることもできます。この意味からは、本部講座(初等・中等・高等)はもちろん、カルチャーセンターでの受講をお勧めします。


資格は取れますか?

整体に関しては、公的な資格は日本にはありませんが、井本整体での技術認定として認定指導者、体操指導者の各資格があります。有資格者に対しては、個人の活動の他、井本整体からも様々な活躍の場が用意されています。


特待生などの制度はありますか?また選考基準は?

入門者の中から、特に素質や普段の練習態度等の面で優秀と認められた方については、井本邦昭先生の門下生として選抜され、身近で生活を共にしながら修行をする道が開かれています。


自分の講座以外の日でも練習できますか? 自習するスペースなどはありますか?

東京本部に限りますが、使用しないスペースを開放して自習できるようになっています。また、現在毎週火曜日・金曜日には「登録制自主練習会」があり、これには認定指導者も必ず参加していますので日頃の疑問の解決や、苦手分野の克服もでき、安心です。
地方講座におきましても、講座の前後など折々に自主練習を行っています。


休憩室はあるのですか?

東京本部地下にラウンジを用意しています。ご自由にご利用下さい。


授業を休んだ場合、補講はあるのですか?

東京本部の場合は、平日と週末のクラスがありますので、どちらのクラスにも出席することが可能です。 地方講座の講義は一度限りになりますが、少人数ですので欠席分は講師の裁量で補講が行われることがあります。事前にご相談ください。
また、少し時間は空きますが半年もしくは一年後に同内容の講義が行われますので、そちらに出席し、欠席分を補っても構いません。


休学制度とはどのようなものですか?

何らかの事情で学習の継続が困難になった場合、休学申請をしていただくことにより将来の復学を可能とするものです。休学の目安は1年ですが、必ずしも厳密な期間ではありません。できる限りの考慮はいたしますので、本部事務局にご相談ください。


開業はいつ頃できるようになるのですか?

入門後、最初の2年半(東京本部で受講の場合)で学ぶ基本的技術が完璧に行えるようになれば、開業が十分に可能なだけの内容になっています。修得にどれくらいの期間がかかるかは、個人差が大きく一概に言えません。充分な練習ができる環境は備わっています ので、あとはあなたの決意とやる気にかかっていると言えるでしょう。

医師を目指す場合でも、医学部で6年、その後の実習の期間を含めると一人前になるには最低は10年かかると言われています。同じ命と向き合う仕事として、全く経験のない状態から半年や1年ですぐ開業できることを約束することも、考えることも無責任と言えるのではないかと考えます。

整体技術の大きな柱の一つである人体力学体操ひとつをとっても、一般の多くの体操のように全ての人が同じ動作を同じ手順で行うことはなく、その人それぞれのオーダーメイドの体操となります。そこには、その人の急処を見分ける観察力、体の特徴に合わせた急処への力の集め方、誘導方法など多くの重要な技術が含まれるのです。

このように、井本整体の技術は時間をかけてじっくり学ぶだけの深い内容を持つものなのです。いたずらに時間をかければよいというものではありませんが、相応の時間が必要であることも知っていただくべきでしょう。


現在別の仕事をしてますが、開業して生計が立てられるか不安です。

特別な縁故に恵まれない限り、どんな業種においても独立開業というものは困難が付きまといます。
当然、開業された後はひとつの経済主体として歩んでいくわけですから、自己責任での運営となります。

整体法講座では特別に開業支援のプログラムなどは用意していませんが、道場生の皆さんに開業するに相応しい技術と、指導者として適切な人格を身につけていただくことで、それらに応えていこうと考えています。
また、道場内での交流が盛んですので、独立後もプロ講座などで日々仲間と活発に情報交換を行ったり、先輩が蓄積してきた貴重な経験に触れたりと、ソフト面では充実した環境ではないでしょうか。


私の地方での開講予定はありますか?

地方講座に関しまして、2015年現在に開講している場所以外での開講は予定されていません。恐れ入りますが通学が困難な地方の方には、連休を利用した特別講座か、テーマを限定させた単発講義が可能な、講師派遣制度のご利用をお勧めしています。


生徒も操法を受けられるのでしょうか?

井本整体では、指導者がまず整体であることを理想としています。講座を受講していくにつれ技術も向上しますが、同時に体も整体に近づくものです。
以上をふまえまして、基本的には道場生の操法の予約はお断りしております。


日本語が母国語ではないのですが、英語で説明をお願いすることはできますか?

日本語でお答えするのも心苦しいですが、これまでは学友の中で語学に覚えのある方が必要に応じて通訳し、技術を修められた海外の方が数多くいらっしゃいます。講義も座学よりも実技の割合が多く、また、体で感じることが重要ですので、核心的な部分はあまり 言葉に頼らない海外の方のほうが悟りやすいという、興味深い傾向もあります。


海外から学びに来る場合、留学(就学)ビザは取れるのでしょうか?

井本整体はビザ所得要件を満たす学習機関ではありませんので、海外の方の留学ビザ、就学ビザの取得はできません。


特別講座のテーマはどのように決めているのですか?

通常の講座では説明しきれない重要な箇処について、まとめたり補足をしたりすることもありますが、井本先生が日々の現場で感じとった、「いまのからだ」がテーマになることが多くなります。

そこでは前日に診た患者さんの話が飛び出したり、若干設定テーマを脱線することもありますが、現場の緊張感が伝わり、会場の集中力がもっとも高まる瞬間でもあります。 これらは実際の現場で活かされる技術となるようにテーマを設定していますし、井本先生のお話しも、自然とその傾向になります。


井本整体 東京本部人体力学の井本整体

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷
1丁目25番4号
TEL 03-3403-0185