本文へスキップ

本物の整体を目指すなら、人体力学の井本整体。

お電話での、お問い合わせはTEL.03-3403-0185

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目25番4号

体験レポートExperience report

過去のワークショップ体験記事
2016年 1月11日
2016年 4月29日
2016年 7月18日
2016年10月10日
2017年 1月 9日
2017年 4月29日
2017年 7月17日
2017年10月 9日
2018年 1月 8日
2018年 4月30日
2018年 7月16日
2018年10月 8日

季節のワークショップ 2019/ 1/14

食べ過ぎと三里

昨年、「この冬は暖冬になる」と言われていましたが、12月後半から一気に寒くなりました。
ワークショップ当日も寒く乾いた空気が、千駄ヶ谷駅で下車した私の体を包みました。

足首の動きそんな冬のワークショップは、「脚の三里」から始まりました。
三里は、手と足にある胃の系統の急所です。
お正月休みは身体を動かさずに飲み食いしがちですが、そうなると三里が硬くなってきます。この状態で足首を動かしてみると動きにくい角度が出てきて、これが転倒の原因になることもあるそうです。

この時期に転んでけがをした人は、その前の食生活を振り返ってみると、意外なところに原因があることに気が付くかもしれません。

人間の身体には補正反応があり、食べ過ぎたらそれ以上食べないように体が防御します。
口角が切れたり口内炎になったり、ふいに顎が痛んだりするのもそんな時です。そのほかにも、背中の筋肉の硬直から肩がこったり、首を寝違えることもあります。

こうした反応に気が付き、食事を減らすなどのコントロールを怠ると、最後には脳卒中に繋がることがあります。その際のチェックポイントは脚の拇指だということが、早川先生から説明されました。
こうした理屈が初心者にも分かりやすく理解できるのが、人体力学の優れたところですね。

側腹と丹田

側腹をつまむワークショップ後半は、前回に引き続き「側腹」です。
秋口には、身体の左右差についての対処として学んだ側腹ですが、今回は井本整体の新刊『お腹をさわれば全身が変わる人体力学〜腹部十二調律点』との関連でした。

この本は、書籍発売当初から「ここまで出していいのか?」と療術家から声が上がるほど、腹部について深く書かれた書籍です。この腹部十二調律点を学ぶ上で外すことができないのが、三つの丹田です。

上中下の丹田には、それぞれ硬さや弾力に違いがありますが、「上が緩み、下に弾力がある」というのがおおよそ体調が良い基準です。下丹田に弾力があると呼吸は深くなります。
その時、側腹も緩んだ状態になり、指三本が入るくらいの幅が出ます。

逆に肺が下がってしまうと、指一本とか二本くらいしか入る隙間がなくなるのです。まずは参加者各自が自分の側腹をつまんで、硬さや指の入り具合を確認しました。
この側腹を緩めれば、下丹田に弾力が出るということでもあるわけです。

実技・側腹

側腹の指導説明を聞いたところで、側腹の実習です。
早川先生が模範の構えを示し、さっそく実技に入ります。

仰向けの相手の横に構え、お腹に手を当ててから左右の側腹の硬さを確認。
分かりにくければ、一度片膝立ちで両手を使って確認し再び正座で構えます。
とらえる時は、丁寧に右か左かを選んで相手の今の急所を探します。

正座からの力の送り方が難しいのですが、プロの指導者が参加された方達に直接手を取って指導しました。
「上から手で教えてもらえると、とても分かりやすいです」という声も参加者から聞かれました。

側腹の練習型、構え、呼吸、間合い等。実際に練習してみると、急所の場所以外にも学ばなければならないことが無数にあります。
それでも集中して練習していると、そういった複数の要点も自然と身についてきます。

早川先生から「手で学んだものは、一生忘れない」という言葉がありましたが、参加された皆さんは、この側腹の感触をしっかり手で覚えて、いざという時に実践してほしいと思います。

次回から会員制度の変更に伴い、グループレッスンや季節のWSなど、内容のグレードアップのために若干の変更が出るようです。
体験記事の連載は今回で最後になりますが、引き続き季節のWSを楽しみにお待ちください。

次回のワークショップは、4月です。

(レポート・松本 英樹)


井本整体 東京本部人体力学の井本整体

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷
1丁目25番4号
TEL 03-3403-0185